2017年01月11日

珍味代を浮かせる?日本酒に合う珍味を自分で作る事はできるの?

私は女性ですが、前々からお酒が好きで日本酒が最も好きです。ふだんは水割りウイスキーを主に飲んでいます。そんなお酒をこよなく愛する人は、お酒と一緒に食べる肴も大事です。もちろん新鮮な魚介類が私は一番だと思っていますが居酒屋で飲むにしては割高になります。

また食材を仕入れてきて調理するのはなかなか面倒なものです。そこで、手軽に食べられある程度日持ちのするものといえば「珍味」です。珍味と言えば、メジャーなものにスルメがあります。他には、ホタテ貝柱、カレイの干物、こまい、鮭トバなどがあります。

珍味だけに、ピーナツとかに比べれば、それなりに高いです。そこで私は珍味を手軽に作ることができないかを考えていました。確かに、魚を干せば干物はできますし、私の子どもの頃は軒先に魚が干してあって、子どもながらに贅沢なオヤツを食べていたものです。

しかしアパート暮らしだと、魚を干していては近隣住民から「魚くさい」などとクレームをつけられトラブルのもとになりそうです。そこで手軽に室内で干して珍味を作れるような調理器具がないものかと、ネットを検索してましたらあったんです。

ふつうはドライフルーツを作る調理器具が検索にかかりますが、あるサイトですと魚を細く切って干すものが出てきたんです。そういう食材に特化して作ってあるとも書かれていました。15000円ぐらいなんですが、実際、どのくらい実用性があるのかわからないのでちょっと高いと思いました。

私だけではないと思いますが、買ってみてあまり役に立たなかった製品というのはありますよね。15000円を払って、珍味代を浮かせることができるのかどうかです。10000円以下だったら冒険で買ってもいいかな?と思っています。

あと、私的にお酒と一緒に北海道のお菓子等を通販で購入して夜中に食べたりしています。北海道のお菓子のなかで、有名なもの、美味しいものと言えば、まっさにとうきびチョコを考えました。

見た目はクランチチョコのような感じですが、とうきび、つまりトウモロコシのパフにホワイトチョコをかけたものです。一口食べると、甘いチョコとこうばしいとうきびパフの食感が楽しく、まさに他にはない組み合わせです。

とても美味しく、値段も手頃なので、北海道のお土産としてもおすすめです。最近は、ホワイトチョコ以外にも、いろんな味(夕張メロン味など)が登場しているようです。
posted by 美神 樹里 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クチコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

活性酸素の除去|良い事ずくめのビタミンPで健康を手に入れる!

illustration-of-the-cute-fruit.png

みなさん「ビタミンP」ってご存知ですか?私はつい先ほどまで知りませんでした。ネットでビタミンPという言葉を見かけて、興味を引かれいろいろと調べてみました。するとこの栄養素は、健康面にも美容面にもかなり優秀な栄養素であることが分かったんです!おもしろいのでぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

その効果は?



ビタミンPといってもビタミンではなく、ポリフェノールの一種らしいのですが、ビタミンに近い働きをするためビタミンという名前がつけられているそうです。ややこしい・・・説明としてはよく分からないのですが、それがもたらす効果はすばらしいものがあります。

例えば「毛細血管の強化」血管は栄養や酸素のやり取りをするため、適度な透過性がありますが、ビタミンPは透過性にバランスを整えてくれるので、栄養や酸素が身体のすみずみまで運ばれやすくなります。そのためむくみや出血を防いでくれますし、美肌効果や老廃物排出効果など女性に嬉しい効果があります。

また「ビタミンCの働きを助ける」役目もします。ビタミンCは美白、美肌などに効果がありますが、なんと言っても不安定で壊れやすい構造をしているので、その働きを最大限に発揮するのは難しいそうです。そこでビタミンPの助けにより、構造を安定させ、効果を継続させることができるそうです。

「抗アレルギー作用」もこの栄養の効果としてあげることができます。花粉症やアトピー性皮膚炎の症状を和らげてくれるそうです。アレルギーに悩まされている人にとって朗報ですね!

他にも「中性脂肪を分解」「血圧の上昇の抑制」「活性酸素の除去」などなど、わたしたちにとって嬉しい効果が山盛りです。これはもうビタミンPを摂取するしかないですね。

どんなものに含まれているのか?



cheerful-woman.pngではビタミンPは何に含まれているんでしょうか?それは柑橘系の果物だそうです。特に皮、スジなどに多く含まれるようです。みかんを袋ごと食べたり、柚子の皮を料理に使ったりすると摂取できると言うことですね。

またポリフェノールと聞いてピンと来ると思いますが、赤ワインや緑茶にも含まれているそうです。効果的にとる方法としては、ビタミンCと一緒に摂ると良いそうです。つまり柑橘系の果物を食べるとビタミンCもPも取れるので、効果的だということですね。

サプリメントでも簡単に摂取することができます。柑橘系の果物を一杯食べることはできませんし、すっぱいのが苦手という方もおられると思います。そんな時に役立つのがサプリメントです。例えば大手のDHCのサプリメントは、1日当たりみかん30個分のビタミンPを摂取することができます。

あまりこれまで聞いたことも考えたこともなかったのですが、ちょっと意識して摂取して行きたいと思います。
posted by 美神 樹里 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | クチコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

私がいつもやっていること

アロエパックはアロエなどに含まれるヨウ素などの栄養分により、お肌がツヤツヤの潤いたっぷりになります。洗顔後にアロエを適量切り取り、よく混ぜて肌に塗っていきます。

そしてそのまま放置でオーケーです。また、アロエパックは薄毛がきになる方にもお勧めです。頭皮を日々の汚れから守ってくれ、肌の細胞を活性化してくれます。

使用方法も顔に塗る場合と同じようにアロエを適量取り、頭皮に塗っていくだけです。乾燥すると髪の毛がゴワゴワになりますが、手でほぐせば問題ないです。

髪の毛にパックしても、髪の毛の繊維にアロエが浸透し、髪の毛を太く強くしてくれます。
posted by 美神 樹里 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クチコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする